5 favoritter fra 2017

29
dansk litteratur

Sommetider tager jeg mig selv i at fokusere meget på de bøger, jeg gerne vil læse i fremtiden og helt glemme at se tilbage på de bøger, jeg allerede har læst og som fortjener at blive husket. Nu har jeg set tilbage på 2017 og fundet frem til mine fem favoritter.

 

Har døden taget noget fra dig så giv det tilbage af Naja Marie Aidt

dansk litteratur

I 2015 døde Naja Marie Aidts søn Carl i en tragisk ulykke. Har døden taget noget fra dig så giv det tilbage er et indblik i smerten ved at miste et barn. Bogen er et gennemgående paradoks, hvor smerten, som beskrives, er for tung og intens til at blive beskrevet. Det resulterer i en hjerteskærende collage af både ældre og nyere dagbogsnotater, erindringer, citater fra litterære stemmer og beskrivelser af Carl. Collagens fragmenter udtrykkes ved de forskellige tekststørrelser og typer samt placeringen på siden – som er de faldet tilfældigt ned over papiret som blækfyldte tårer.

Hvor der er fugle af Maren Uthaug

dansk litteratur

Address Unknown af Kathrine Pressman Taylor

Address Unknown er en fiktiv brevudveksling mellem en jødisk kunsthandler i San Fransisco og hans tidligere kollega, som i 1933 vender tilbage til Tyskland. Det varme venskab mellem de to er tydeligt i begyndelsen, men det tager et ubehagelig og forfærdende tvist idet nazismen breder sig i Tyskland.

Never Let Me Go af Kazuo Ishiguro

Bogen "Never Let Me Go" af Kazoo Ishiguro med havet som baggrund

Never Let Me Go foregår i et dystopisk version af 1990’erne. Historien er fantastisk, men det er umuligt at sige noget uden at afsløre for meget.

Tine af Herman Bang

Tine arbejder som hushjælp hos Skovrider Berg og hans familie. Her har hun et godt forhold til familien, og da krigen bryder ud i 1864 bliver hun hos Skovrideren, mens resten af familien rejser i sikkerhed. Krigens trøstesløshed rykker ved både Tine og Skovriderens liv og følelser, og et skæbnesvangert drama udfolder sig. Hjerteskærende bog, som jeg ikke kan anbefale nok. Herman Bang tryller med ord.

Hvilke favoritter har du fra 2017? 

29 KOMMENTARER

  1. Hi Ida,
    I’m happy to read that you put Katherine Kressman Taylor’s story in letters “Adress unknown” to your favourite novels in 2017. It is one of the books, I’m deeply emotional linked because it was a little bit a deja vu for me.
    Answering your question which favourite books I have in 2017 here is my list:
    • First of all, the volumes 4, 5 and 6 of Knausgard’s “My struggle”. I have to confess that reading volume 6 was a rather tricky matter – it was my own struggle, maybe comparable to your difficulties. But it was worthy of reading. I think rereading is necessary. As an example, I remember his approximately 40 pages analysis of Paul Celan’s poem “Engführung”. What an encyclopedic knowledge is necessary to understand such a poem. And then always the breaks where the reader is confronted with the author’s individual situations. It makes the reading of a real Sisyphus job. I had an idea of rereading all these novels but rearranged in chronical order of the author’s life, and separating the lines family, the authors views on art spread in his thoughts about novels, poems, paintings and his philosophical and political insights. Helpful would also be a look into Hitler’s ”Mein Kampf”. From my point of view, Knausgard’s critic of the mainstream historians dealing with Hitler is significant, and I agree with his sight. I believe, the “My struggle”-cycle will still occupy my mind further times.
    • The next favourite novel is Arundhati Roy’s “The Ministry of Utmost Happiness”. That is such a book which blown oneself away. During the reading I have had all the noises, smells of the streets of Dehli in my ears and nose and I see the chaotic scenes, the poverty and misery in my inner eyes, the life there has nothing to do with “1001 Nights”. In the novel are many of Roy’s political insights included, but spoken out with a witty, sharp, satirical tongue often remembering me on Joseph Heller. I put this book on my rereading list, but next time in parallel, German/English.
    • The third one is Gail Tsukiyama’s “The Street of a Thousand Blossoms”. The story droves me in. It is a family story reaching from the last years of WW II until 1965 in Japan. I had a penpal in Japan, and I have learnt so many things about this foreign culture, that I was remembered on all her letters from Japan.
    By the way, you have an excellent Instagram page. Every week I look what is new there. But until couldn’t decide until now to register. Perhaps a consequence reading Jarett Kobecks “I hate the Internet” and answering the questionnaire “Chilling Effects” from PEN America. :-)
    Best regards
    Wolfgang

  2. alll the tikme i used to read smaller content that
    also clear their motive, and tthat is alsdo
    happening with this piece of writing which I am reading now.

  3. Hi, I do think this is an excellent website. I stumbledeupon it ;) I am
    going to come back yet again since i have saved as a favorite it.
    Money and freedom is the greatest way to change, may you be rich and continue to
    help others.

  4. Thanks for a marvelous posting! I quite enjoyed reading
    it, you can be a great author.I will always bookmark your blog and will often come back someday.
    I want to encourage yourself to continue your great writing, have
    a nice holiday weekend!

  5. アメリカ合衆国、通称americaには、数多くの食文化が存在します。そのさまざまなフードには、米国がかつて、イギリスに植民地化された歴史との関係性があります。そもそも米国は、移り住んできた移民でできている国です。白人、メキシコ人等のヒスパニックや、黒人、我々日本人も含むアジア人、ネイティブ米国ンが共存する、多国籍な国なのです。人口の約7割が白人であり、ヒスパニックと黒人は約1割強、東洋人は0.5割ほどで、ネイティブアメリカンはそれ以下の最もレアな人種です。白人はamerica国内のどこにでもいますが、各人種によって住んでいる地域はさまざまです。よく知られているように、黒人は黒人人口の約半数が南部に住んでいます。ヒスパニックと東洋人の約半数は西部に住んでいます。亜細亜人は特にカリフォルニア州とハワイ州に多く住んでいます。私はアメリカの田舎にも都会にも住んだ経験があります。私の住んでいた田舎町では、白人以外の人種はほとんどいませんでした。しかし、今住んでいる都会では、白人、黒人、ヒスパニック、中国人、韓国人等のアジア人を普通に毎日見かけます。町や地域それぞれに、黒人が多い地域、白人が多い地域など偏りがあります。田舎に白人が多いという意味ではなく、田舎の黒人の多い地域ももちろんあります。もちろんそれぞれの人種に食文化があります。メキシコ料理、中華料理、ベトナム料理、日本料理、タイ料理、インド料理など、都会にはさまざまな人種が集結するため、数多くの国のレストランがあります。アメリカの都会ではいろいろ選べるので、食が合わないということはなかなかないでしょう。
    americaのレストランでは、飲み物のグラスが大きいのにフリーリフィルといって飲み放題です。飲み物が無くなるとすぐにウエイトレスが注ぎに来てくれます。フリーリフィルなのは、ファーストフード店でも同じです。ただ、ファーストフード店では、ウエイトレスは付かないため、チップが必要なく、自分で注ぎに行きます。友達の母親(40歳)が若い頃は、ほぼ全ての飲食店でフリーリフィルが行われていたと言っていました。しかし今ではまれにファーストフード店で、2杯目まではおかわり自由で3杯目からは1杯50セント(42円)必要だったり、2杯目から50セント必要というところもあります。それにしても、日本のように2杯目をもう一度同じ値段で買うということはありません。
    知っている方も多いと思いますが、米国では食事中に炭酸飲料をよく飲むというフードがあります。この食べ物が定着しているため、炭酸飲料の種類も豊富です。コカコーラにチェリーやバニラ味があるのは、ご存知の方も多いと思います。それだけではなく、ファンタやスプライトにイチゴ、ピーチ、ブドウ、オレンジ、チェリー、フルーツパンチ等の種類があります。マウンテンデューも、日本でよくあるスタンダードな緑だけでなく、青、赤、白、オレンジ、紫があります。これらの日本にも浸透しているような有名な炭酸飲料だけでなく、かなりたくさんの種類があります。ほとんどの炭酸飲料は派手な色の着色がされています。舌に色が着くほどです。砂糖の量や、着色料のことを考えたら、フリーリフィルでたくさん炭酸飲料を飲むことは体に悪いでしょう。

  6. リュックを1つ背負って自由気ままに旅行をしている旅行者。そんなバックパッカーはどんな人でも出来ると言う物ではありません。ではどんな性格や資質の人が自由人になれるのでしょうか。
    先ずは色んな物事に対してアバウトに考えられる人、それでいて緻密な性格を持っている人だと思います。一人で旅を長く続けているとどうしても行き詰ってしまう事ってあると思います。そこでパニックになる人と「まぁいいか」と考えられる人と二通りに分かれると思います。どちらかと言うと旅行者としてはアバウトな気楽に考えられる性格の人の方が、自分も周りも楽だと思います。そんな気楽に考えられる人の方がトラベル行者として向いている人だと思うのです。次に誰とでも人見知りしないで気軽に話せる人が向いていると思います。でも自己主張が強すぎてしまうと駄目なのですが、控え目なのに気軽に話が出来ると言う方が旅行先で色んな人に合っても好感を持たれると思います。次に自分の社会的地位や過去の栄光にとらわれない人が良いですね。年上だから良いんだとか、こう言う経験をしてきたから良いんだと言う考えではなくて、トラベル先では誰もが平等に対等な立場に立って入れる様にする事が大切だと思います。その他にも色んな事に臆せずチャレンジが出来る人、健康状態をしっかりと把握できる人等が良いと思います。なんだか色々挙げましたが、普通の常識を持っている人であれば誰でも旅行者になれると言う事なのです。
    一人でバックパック1つで旅をしていくのであれば、バックパッカーとしての心構えもきちんと持っていなければなりません。バックパッカーは自由気ままとは言ってもそれなりのマナーを持っていないといけないのです。
    トラベル行者として旅行をしていく上でゲストハウスやミトリー等に宿泊する事も有るでしょう。この時はその宿泊先のルールを守り、常識ある行動をし、同室や同宿の人達に迷惑をかけないような過ごし方をする様にしましょう。自由人として一人で旅行している以上、あなたは単なる一人の人間です。この時ばかりは社会的地位も色んな実績も年齢も関係ありません。せっかくトラベル行をしているのですから、その土地の人や他の旅行者達と気軽に接していく様にしましょう。また旅行行先の食べ物や文化にも触れてみて日本とは違う文化に接してみる事も旅行行者の楽しみとも言えると思います。またこうした行動がコミュニケーションが取れる行動だと思うのです。健康を過信せずに疲れたら休む事も必要ですし、トラブル遭遇時は慌てずに落ち着いて対処する事を考えましょう。また情報は旅行先で色んな人から聞いて回るのもガイドブックには無い情報が得られて思わぬ経験が出来るかもしれませんよ。そして一人でのトラベル行はほかになかなか頼る人がいません。ですからお金やパスポート等の貴重品は管理をしっかりと行い、肌身離さず身に付けておく様か所定の場所に置いておく様にしましょう。
    一人前のバックパッカーになる為にはどうしたら良いのでしょうか。何も考えずに行動に起こしてしまうのも良いでしょう。綿密に計画を立てて行動を起こすのも良いでしょう。またバックパッカーになりたいと言う方の中には海外トラベル行に一度も行った事が無いと言う方から、何度も行った事があると言う経験者の方まで色々いると思います。自分がどんな状況であるのか見極めてそこから段階的に上がっていくと良いと思います。自由人になる為には4つの段階に大きく分けると有ると思います。下の段階から徐々に経験していく事で、無理をする事なく立派なトラベル行者になれると思います。
    先ず第1段階ですが通常多くの人が参加しているパック旅行行をしてみましょう。次にパック旅行行の名かでも自分専用のパックトラベル行である所謂手配トラベル行と言うのをしてみましょう。次の段階では航空券、ホテル、空港とホテルの送迎だけの旅行である自由旅行をしてみましょう。これが終わったら最後にようやく自由人としての入門旅行行が出来る様になると思います。結構若い人は何にも考えないで最後の4段階目を行う方が多いみたいです。「何とかなるさ」と言う感じで行ってしまうので、たくさんデメリットを抱えながらの旅をしています。まぁこうした事は若いから勢いで出来る様な感じも有りますが、中高年にもなると勢いだけでは行けなくなりますので、地道に経験を重ねていっていくと良いと思います。

  7. リュックを1つ背負って自由気ままにトラベルをしている自由人。そんな旅行行者はどんな人でも出来ると言う物ではありません。ではどんな性格や資質の人がバックパッカーになれるのでしょうか。
    先ずは色んな物事に対してアバウトに考えられる人、それでいて緻密な性格を持っている人だと思います。一人で旅行を長く続けているとどうしても行き詰ってしまう事ってあると思います。そこでパニックになる人と「まぁいいか」と考えられる人と二通りに分かれると思います。どちらかと言うとバックパッカーとしてはアバウトな気楽に考えられる性格の人の方が、自分も周りも楽だと思います。そんな気楽に考えられる人の方がバックパッカーとして向いている人だと思うのです。次に誰とでも人見知りしないで気軽に話せる人が向いていると思います。でも自己主張が強すぎてしまうと駄目なのですが、控え目なのに気軽に話が出来ると言う方が旅先で色んな人に合っても好感を持たれると思います。次に自分の社会的地位や過去の栄光にとらわれない人が良いですね。年上だから良いんだとか、こう言う経験をしてきたから良いんだと言う考えではなくて、旅先では誰もが平等に対等な立場に立って入れる様にする事が大切だと思います。その他にも色んな事に臆せずチャレンジが出来る人、健康状態をしっかりと把握できる人等が良いと思います。なんだか色々挙げましたが、普通の常識を持っている人であれば誰でもバックパッカーになれると言う事なのです。
    一人でバックパック1つで旅をしていくのであれば、旅行者としての心構えもきちんと持っていなければなりません。バックパッカーは自由気ままとは言ってもそれなりのマナーを持っていないといけないのです。
    バックパッカーとして旅行をしていく上でゲストハウスやミトリー等に宿泊する事も有るでしょう。この時はその宿泊先のルールを守り、常識ある行動をし、同室や同宿の人達に迷惑をかけないような過ごし方をする様にしましょう。旅行者として一人でトラベル行している以上、あなたは単なる一人の人間です。この時ばかりは社会的地位も色んな実績も年齢も関係ありません。せっかくトラベル行をしているのですから、その土地の人や他のトラベル行者達と気軽に接していく様にしましょう。またトラベル行先の食べ物や文化にも触れてみて日本とは違う文化に接してみる事も自由人の楽しみとも言えると思います。またこうした行動がコミュニケーションが取れる行動だと思うのです。健康を過信せずに疲れたら休む事も必要ですし、トラブル遭遇時は慌てずに落ち着いて対処する事を考えましょう。また情報は旅先で色んな人から聞いて回るのもガイドブックには無い情報が得られて思わぬ経験が出来るかもしれませんよ。そして一人での旅行はほかになかなか頼る人がいません。ですからお金やパスポート等の貴重品は管理をしっかりと行い、肌身離さず身に付けておく様か所定の場所に置いておく様にしましょう。
    一人前の自由人になる為にはどうしたら良いのでしょうか。何も考えずに行動に起こしてしまうのも良いでしょう。綿密に計画を立てて行動を起こすのも良いでしょう。また旅行行者になりたいと言う方の中には海外旅行に一度も行った事が無いと言う方から、何度も行った事があると言う経験者の方まで色々いると思います。自分がどんな状況であるのか見極めてそこから段階的に上がっていくと良いと思います。トラベル行者になる為には4つの段階に大きく分けると有ると思います。下の段階から徐々に経験していく事で、無理をする事なく立派なバックパッカーになれると思います。
    先ず第1段階ですが通常多くの人が参加しているパック旅行をしてみましょう。次にパック旅行の名かでも自分専用のパック旅行行である所謂手配旅行と言うのをしてみましょう。次の段階では航空券、ホテル、空港とホテルの送迎だけのトラベル行である自由旅行をしてみましょう。これが終わったら最後にようやく自由人としての入門旅行行が出来る様になると思います。結構若い人は何にも考えないで最後の4段階目を行う方が多いみたいです。「何とかなるさ」と言う感じで行ってしまうので、たくさんデメリットを抱えながらのトラベルをしています。まぁこうした事は若いから勢いで出来る様な感じも有りますが、中高年にもなると勢いだけでは行けなくなりますので、地道に経験を重ねていっていくと良いと思います。

  8. Thanks for the goodd writeup. It іn reality waas а leisure acount it.
    Glancce complicated tⲟ mοre brought agreeable fгom yօu!
    By the ᴡay, һow сould we be in contact?

  9. Hey thеre! Someօne in my Facebook grօup shared this website ԝith
    us sо І came to look it oѵer. I’m defіnitely loving thee іnformation. I’m bookmarking annd
    ԝill bbe tweeting tһiѕ to mү followers!

    Terrific blog аnd amazing design.

  10. Howdy! Dⲟ you knoᴡ іf tһey mаke aany plugins to assist wіth Search Engine Optimization? Ӏ’m trying
    to ɡet my blog to rank fоr some targeted keywords Ьut
    I’m not sеeing very ցood success. If үoս ҝnow of any pⅼease share.

    Appreciate it!

  11. I’ve read some juѕt riցht stuff һere.

    Ceгtainly valᥙe bookmarking for revisiting.
    I surprise һow а lot effort yoᥙ put to ϲreate sucһ a wonderful informative site.

  12. Have you ever considered about adding a little bit more than just your
    articles? I mean, what you say is valuable and
    all. But think about if you added some great images or video clips to give your posts
    more, “pop”! Your content is excellent but with pics and
    videos, this blog could undeniably be one of the very best in its
    field. Fantastic blog!

  13. I appreciate, lead to I found just what I used to be taking a look for.
    You have ended my 4 day lengthy hunt! God Bless you man. Have a great
    day. Bye

  14. Amazing! This blog looks just like my old one! It’s on a entirely different topic but it
    has pretty much the same page layout and design. Excellent
    choice of colors!

SKRIV EN KOMMENTAR

Please enter your comment!
Please enter your name here